Aqlier/ 1月 12, 2023/ tech

Microsoft To Do では、個人の備忘録としての使用もできますが、複数のメンバーでの情報共有もできます。
複数メンバーでの使い方を調べてみました。

前提として、複数の利用者間で
・Microsoft To Do が使用可能(ダウンロード)なことになります。


操作方法
1.オーナー側のMicrosoft To Do で、リストを選択して、右上の人のアイコンをクリックします。

2.「リストを共有」画面で、「招待状のリンクを作成する」を押します。

3.「メールで招待する」、「リンクをコピー」を押して、何らかの方法でグループメンバーURLを連絡します。
以下に表示されているように「だれでも、このリストに参加できます。」のため、不特定の方(無関係と思われる)に送るのはNGです。

4.グループメンバーに、メールを送信します。
メーラーが起動されたのですが、何回か行っていると、メーラーが起動されなくなってしまいました。

5.入力したメールアドレス(グループメンバー)側でメールを受信して、リンクをクリックします。
6.「リストに参加」を選択します。

7.オーナー側で、ユーザーが参加したことが連絡されます。

8.リストに名前を付けて、タスクを入力します。グループメンバー宛であれば入力時、「@」を入力します。

9.「@」を入力すると、グループメンバーが一覧表示されるので選択します。
10.そのあとにタスク等を入力します。

11.リスト一覧で確認すると、該当するタスクにメンバーのアイコンが表示されます。

ーーー
12.共有を解除したしときの設定方法が、見つかりません。
この場合、該当するリストを右クリックして「リストを削除」を選択する方法になります。

5 1 投票
記事の評価
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments