Aqlier/ 7月 5, 2024/ Mac, Windows

ノートン の機能も多すぎて使いこなせていないのが実情です。
広告風のポップアップからリンクを辿ると、有料の支払額が登場することが多々あります。

そんななかでも、標準機能保護レポート機能を使ってみました。

マイ ノートン で中央にあるアイコンをクリックします。保護レポートの画面が表示されて、ダークウェブモニターリングのタグを見ると、警告とか???よからぬ単語が、、、
ダークウェブってなに?

調べていくと、ダークサイド的(闇サイト)な意味合いのサイトを指すようです。ダークサイトがすべて怪しいとか不正と言うことは断言できませんが、一般的に違法性が高いサイトと言う定義で、何かしらの個人情報に近い登録がされているようです。

その中で、電子メールが1件登録されているとか。。。

この場合、緊急性が高いかは判断できませんが、特に電子メールでサービスを受ける際のユーザ名で使われているサイトかつ、2段階認証がない場合は、セキュリティ面に関して特にパスワードの運用で注意が必要かもしれません。

電子メールは簡単に変更できますが、今までの履歴、連携との関連があり簡単に変更が駅ません。様子をみて対応する運用しかないです。

過去30日以内の検出はないと言われていますが、定期的にセキュリティ対策に関しても関心を持って対応しておくことが必要と言えます。

0 0 投票
記事の評価

記事内容に関して、不明点・誤りがありましたらコメントをお願いします。

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments