Aqlier/ 12月 26, 2022/ tech

会社の移転手続きのため、税務署向けに提出する申請を e-Tax で行ってみました。

この手続きを行うに当たり、法務局から入手した「登記簿(履歴事項全部証明書)」が手元に、データー化(PDFなど)しておくことが必要です。
手探りで行ったため、記載漏れ等がある場合もあります。


手続き
1.e-Tax でサインインを行います。

法人設立及び異動手続きの申請・届け出を行う」欄で、「法人設立及び異動手続きの申請・届出」を選択します。

2.申請画面で必要な情報を入力します。画面中部にある「納税地の異動」を指定します。
3.異動前、異動後の情報入力画面が表示されます。
入力後、OKを押します。再度、「納税地の異動」を押すと、入力した異動前、異動後の欄がクリアされてしまいました。

4.画面下部で「給与支払事務所等の移転の有無」のラジオボタンを選択します。
入力が完了したら「作成完了」を押します。
5.基本情報変更を行った場合、入力後に「決定」を押します。

6.入力が完了したら「はい」を押します。

7.登記簿等の書類をPDFファイルに作成しておきます。「追加」を押します。

8.添付ファイルを指定します。「決定」を押します。
この工程のどこかで、添付ファイルの名称の入力を行ったはずです。
9.作成した箇所が、「作成」「追加」になります。

10.「保存」を押します。

11.「はい」を押します。

12.「電子署名の付与」を押します。

13.マイナンバーカードをセットして、「カードタイプの電子証明書…」を選択して「次へ」を押します。
14.パスワード(英数字6桁以上)を入力して「OK」を押します。
15.「電子署名の付与」を押します。

16.ポップアップ画面数回が表示されますが、処理を進めて行くと以下の画面が表示されます。

17.エラーが表示される場合もあるので、翌日e-tax関連のメッセージをチェックすることをお勧めします。

0 0 投票
記事の評価
Subscribe
Notify of
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments