Aqlier/ 7月 9, 2022/ tech

某メーカーのWebサイトで Windows パソコンに関する情報を収集。
パソコン機種を見ていると、サービス関連の情報も確認。

その中で、リカバリメディア作成サービスを発見。
9,900円、1週間~1か月。・・・この料金って???そんなにかかるっけ。
うーーん。そんなに難解な操作でもないし。。。
忘れたころに必要になるリカバリーディスク。
作成する必要はわかっていても、後で対応という対応で、、、

経験上、パソコンがトラブったときに使うことになるので、作っておく必要があります。
トラブった後、リカバリメディア作成するのがややこしいことになるのは明確です。

パソコンで、CD/DVD装置がない機種も多々あり、リカバリメディア作っても。。。
なぜか??使っているCD/DVD装置からデータが読み取れないことが発生して、使い物にならないことも発生。

そんな時、外付けSSD/HDDがあれば、イメージバックアップでパソコントラブル時の対応ができるのでUSB接続の外付け外部記憶装置の準備をお勧めします。

外部媒体を比較すると、
外付けSSD・・・性能速い。高額。機器サイズ小さい。
外付けHDD・・・性能遅い。低額。機器サイズ大きい。

使ってみての所見ですが、高額ですが処理速度でイラっとすることが少ないので、外付けSSDが快適です。
イメージバックアップは、Windowsの「コントロールパネル」ー「バックアップメニュー」から対応できます。