Aqlier/ 6月 25, 2024/ Windows

Microsoft Rewards猶予期間14日間は、1年ごとに与えられて翌年にまた14日間が与えられるようです。
日々の日課となる「検索」を忘れた時に「ストリーク防止」と言うことで、自動で日課を果たした扱いとしてくれます。

14日で残り日数があったとしても、翌年に繰り越しはできないです。

ここで言う、1年間って何だ?
1月1日~12月31日?、何かの基準日から1年間?、Microsoftが設定した日付から1年間?

調べていくと、アカウントを設定した日付が怪しいと思われます。
なぜなら、1月1日~12月31日とすると、1年未満の人がいるので期間未達で更新になってしまうこと、Microsoftが設定した日付なんて聞いたことがない。。。

設定したアカウント情報を調べていくと、
アカウントを設定した日付がありました。
過去の日付なので記憶がないですが、この日付が基準になって1年間の管理をしていると思われます。


確認方法
1.Microsoft アカウントサインインします。

2.アカウントの画面から、左メニューで「セキュリティ」を選択します。
3.セキュリティページで、「最終更新日付」がアカウント登録日と思われます。
この日付を基準に管理していると言えます。

0 0 投票
記事の評価

記事内容に関して、不明点・誤りがありましたらコメントをお願いします。

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments