Aqlier/ 8月 16, 2022/ tech

アプリのプロモーションがしたくてサイトを検索していると、Apple のプロモーションサイトを発見。

早速サイトを確認。初めて訪れたプロモサイト。。。

URLは、https://developer.apple.com/app-store/promote/

Appのデベロッパー向けサイトで、プロモーションのページ。
英語ではわからないので、あえて日本語翻訳で参照。
下部に移動すると、App Storeのマーケティングツールで「ツールを見る」を選択。

App Store Marketing Toolsページで、下部に移動します。

「マーケティング資産を作成する」で、「さらに詳しく」を選択します。


プロのように宣伝します。」…これって、ホンツ!(敢えて本当の複数形)
検索窓にアプリ名を入力して検索します。

該当するアプリが表示されるので、選択します。

デザインをカスタマイズします。」…なんのことかわからず、宣伝としては「アップデート」なので選択。

画面右に画像が表示されます。

これをダウンロードすると、以下3パターンの画像ができていました。
これがプロなのね。。。

アップルストアからダウンロード」ってバッチがあるので、Twitterに貼り付ければ、ダウンロードにつなげられるんだろう。。。リンクとか無いような感じだけど。。。プロの宣伝ですから。。。

そんな想いがありつつ、関連するデータをコピペして、Twitterで投稿。。。

これって、単なる画像で終わりだ。。。
アップルストアからダウンロード」ってバッチが空しく表示されている。。。

 

この画像の使い方が、わからん。。。

ーーー

再度やり直すと。。。違った画面に、、、
この画面で、アプリ名を検索していたことが判明。

アイコンが登場。アイコンって開発で必ず必要なんで、ここで必要なの??

埋め込みコードをコピーでは、画像とaタグで参照が可能でした。
画像は、どこかのサイトを参照するので、HTML形式のコードを組み込むだけでOKのようです。

 

2022.08.18追記
埋め込みコードをコピーを使用すると、リンクエラーのため記事修正。。。

アップルストアからダウンロード」の画像とaタグ

QRコードの生成。

この使い方で問題ないんだろうか?
プロモーションになっていればいいんだけど。。。