ホームページを訪問してくれる人物像(ペルソナ)を想定して、ホームページを構成する必要があります。

どんな人がホームページを参照するのだろうか?
自社商品、サービスに興味がある方
・情報収集で関連記事を探している方
・ある商品、サービスに関して問題や課題が発生している方
・趣味などで情報交換をしたい方

ホームページにアクセスしてきた人物像にあわせて、表示内容の記載(視点)を変えて、相手に響く記載にする必要があります。

そのときターゲットを明確にしてサイトのキャッチコピー画像を使用することが重要です。
サイトにアクセスした方が不快に感じる内容や疑問を感じる記載は、避けなければなりません。