Aqlier/ 9月 5, 2022/ iOS

iOSアプリの審査を受ける際、AdMob のプライバシーの設定に関して、指摘(却下)されることがあります。
以前OKで、アップデート審査ではNG。という理解しがたい状態が続いています。
審査員が違う、審査基準が変更になったかの原因はわかりませんが、AdMobのプライバシーとメッセージについて調べてみました。

ーーー
AdMobのプライバシーとメッセージで、4種類の設定があります。
1年ぐらい前にfunding Choicesの設定があり、その流れがこの設定に遷移したことと言えます。手探りで「とりあえず設定」としたことで、整理してみました。

GDPR、IDFA、CCPA、LGPD
GDPRとは、General Data Protection Regulation:一般データ保護規則というEU域内の個人データ保護を規定する法とされています。EU域内とは、欧州連合(ヨーロッパの27ヶ国)のことで、よくよく考えると弊社のアプリは、日本国内を配信にしているので、問題ないのでは。。。この件の設定で指摘されました。。。

IDFAとは、Identifier for Advertisers:Appleがユーザーの端末にランダムに割り当てるデバイスIDを指す。弊社アプリでは、Trackingで広告表示のためにiPhoneのデバイスIDを取得しています。あくまでもデバイスIDまでで個人を特定するようなことはできません。

CCPAとは、California Consumer Privacy Act:アメリカ カリフォルニア州で適用されるプライバシー法を指す。事業を行う会社にのみ適用。

LGPDとは、Lei Geral de Proteção de Dados:ブラジルにおける個人情報保護法とされています。

ーーー
このことから、弊社アプリ(日本国内配信)に関してみると、IDFAだけが必要な設定であることがわかります。