Aqlier/ 3月 27, 2022/ tech

インクジェットプリンタを使っていると、不思議なことが度々発生します。
特に、インクカートリッジでインク切れになったとき

・まだインクカートリッジにインクが入っているのに、インク切れってどういうことだ!!

1色でもインク切れになっていると、まったく印刷を受け付けてくれない。
 たとえ、黒インクが大量にあったとしても、モノクロ印刷ができない!!

こんな不思議を調べてみると、、、

インク切れを感知した際、プリンタのインクノズルなどに空気が混入すると故障の原因になるので、これを防ぐことである程度の残量でインク切れとなるようです。

モノクロ印刷でも、カラーインクを使っている場合があり、その時にインク切れを検知して印刷ができないようです。


早速100均のインクカートリッジを買ったが、純正品を使用していないため、インクカートリッジの注入口が合わないので断念。

とほほ。

安いインクをネットで探すと、まとめ買いでXXXX円、4色でXXXX円。
そんな中、1本99円。そのうえ送料無料翌日配送でポストに投函。・・・これは、注文するしかない。(ただし、一定額の注文が必要)

残量検知のICチップにも対応していたので、問題なく使用できました。

かつて買ったとき、ICチップが対応されていなくて、、、


純正品を使うとコスパが悪いと思われるのでした。。。
なんで、こんなに安いんだろう。。。これもインクジェットプリンタの不思議の一つで。。。