Aqlier2/ 12月 20, 2020/ tech

EXCELデータで、データの重複を探したいときの設定をまとめました。
サンプルはデータ件数が少ないですが、大量にあったときは、目視では困難な作業と言えます。そこでデータの重複を探す方法をまとめました。

EXCElデータでデータの重複を確認する方法をまとめました。「重複の削除」という方法もありますが、自動で削除されたくないときの方法で、データ件数を確認後対処する方法となります。


操作方法
1.重複データの行と同じ列に以下の関数を入れます。
この範囲のデータで、このデータと同じ件数をカウントします。

=COUNTIF(C4:C15,C4)

2.範囲の指定を固定にします。
=COUNTIF($C$4:$C$15,C4)

3.該当する行にすべてコピーします。

4.件数が2以上ならデータが重複しているので、フィルター操作で重複分を確認します。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*