Office 2013のサポート終了に対して、早めに準備を!

古いパソコンを使っていて、EXCELを起動するとEXCEL2010のロゴ。

滅多にEXCELを使用することが無いので、そのまま放置していたけどサポートって大丈夫だっけ?
調べてみると、2020年10月13日でサポートが終了していた。。。

いま使っているパソコンのEXCEL2013は、2023年4月11日サポート終了らしい。
まだ半年あるけど、今から今後の対応を考えておかなければ、、、
まずは費用の確認。
サポート終了してもEXCEL自体は使用できるので、そのまま使うこともありですが、セキュリティリスクを抱えて使用するのは、少し危険な感じで。。。

早速、Microsoftの Office サイトを訪問すると、「無料でMicrosoft365をお試しください」のボタンを発見。
無料で・・・と言っても、1か月間だけの「1か月間無料で試す」のボタンを発見。
その前に、価格をチェックすると、Microsoft 365 Personal 1ユーザライセンスで、12,984円/年となるようです。1TBのクラウドストレージ付き。

Office Personal 2021なら、32,784円で1回だけの支払になります。

複数で使用する場合、Microsoft 365 Family 2~6ユーザライセンスで、18,400円/年・・・ディスカウント価格設定で割安。6TBのクラウドストレージ付き。

家庭用以外で、法人向けのライセンスもあります。組織的な活動支援機能があり、これを使いこなすのはかなりの企業でないと。。。

1台の利用ならMicrosoft 365 Personalが安いですが、年間この金額が発生するので、3年以上の長期的な使用が見込まれるのであれば、Office Personal 2021が安いです。


それよりも、EXCELと同等の機能が使えればいいのであれば、WPS Office2がおすすめです。Microsoft社製でないと困る状況(思いつきません)でないのであれば、価格面、機能面が同等で互換性もあるので問題なく使用できます。
このソフトウェア大丈夫???と感じたら、操作勝手を確認することをお勧めします。公式サイトから30日間のお試しができるので、使ってみてください。

名称がSpreadSheet(EXCEL)、Writer(Word)、Presentation(PowerPoint)ですが、違和感なく使えるはずです。

WPS office2 を購入してみた。