小学生の 習い事 で、パソコン教室が人気

小学生のお子様がいるご家庭では、放課後に 習い事 をさせている方も多くいらっしゃいます。お子様の特性や興味などで、長続きする 習い事 を見極めることが大切です。将来的な視点で見た場合、どんな 習い事 がこれから役に立つのかを調べてみました。

小学生の 習い事 で人気なのは?

昔から人気のある 習い事 としては、水泳教室、そろばん、書道がありました。ご近所にも 習い事 教室として定番とも言えました。

近年では、学校の授業としてダンス・英語が必須となりダンス教室、英会話などの 習い事 教室も増えた感があります。英会話は、将来的も英語学習として役に立つことがあるので人気が出ているようです。

そして、小学校・中学校では、プログラミング授業が必須となっています。
令和4年度から高校の授業に「情報」という科目が登場し、2025年度から大学入試試験にも科目として「情報」が出題されることが決まっています。いま 習い事 として「パソコン教室」が注目されています。

「情報」という科目はなにをする?

小学校・中学校のプログラミング授業では、簡易的な言語の「Viscuit」、「Scratch」のビジュアルプログラミング言語が使用されています。一般的な企業での利用は少ないと思われますが、プログラミング学習をするうえでのきっかけになることは間違いないと言えます。
高校での「情報」という科目は、共通必履修科目「情報 I」、選択科目「情報Ⅱ」からなっています。

情報 I」では、プログラミング、ネットワーク、情報セキュリティ、データベースの基礎など、情報エンジニアの基礎と言える学習を行うようです。情報モラルを習得して情報化社会を担う人材の育成が求められるようです。
ひと昔前のIT企業の新入社員教育の内容と言えるような授業で、これから社会人という方に対しても情報リテラシーの向上が図れます。プログラミングは、机上の授業と異なりITセンスが問われる分野でもあります。プログラミングでアプリケーションを開発する際は、論理的な思考を身に着けることが重要で、若年時に始めることが大切です。

情報Ⅱ」では、「情報Ⅰ」を応用した技術の活用やコンテンツ創造で情報化社会を担う人材の育成が図れる教育になるようです。

小学生・中学生でプログラミング教室に通うことがおすすめ

小学生・中学生で始めると、物事の考え方が論理立てて進めることができます。プログラミングでアプリケーションが問題なく起動できればいいと思われがちですが、効率性・品質向上・処理性能・保守性・問題解決力などを考慮することができ、日常生活にも役立つ考え方が身につきます。


また、パソコンやIT機器が苦手となると、高校の授業が苦痛になってしまいます。キーボード操作、タイピングなど早い時期から始めることで将来的に役に立つ技術が身につきます。

パソコン教室は、ひよこFIA

お子さまのやる気を引き出してくれるケーズデンキグループのパソコン教室です。ケーズデンキの一角に教室を構えているので、ショッピング気分で教室通いができます。
小学校高学年、中学生、高校生という年代別の学習コースがあります。1回60分~70分、1年間の授業カリキュラムで資格取得の目標を持った活動ができます。


無料体験ができるのでご興味がある方は、チェックしてください。