Aqlier/ 7月 29, 2020/ iOS

Apple developer Programの契約で、2019/7/28PMに契約(12,744円クレジット決済)したものが、1年経過して有効期限が2020/7/27に満了を迎えてしまった。

2020/7/8時点のApple developer Programの契約画面

ここ直近で、アプリに関するイベント(新規リリース、アップデートの予定)がない&コロナ禍の経営状態…、で契約更新を保留する方向で進めていました。
そして、Apple developer Programの期限切れ状態を確認すると、なぜか4週間延長に!!

他の契約画面でも確認。通常1年間となっている画面で13か月の有効期間になっています。

アプリのダウンロード状況を見ても、ここ24時間でダウンロードされているので有効期限の範疇の扱いとされています。

現時点のApple developer Programの契約画面
1か月延長になった理由が知りたいものです。契約更新時、この期間の扱いが気になります。

昨年の有効期限切れの際は、こんな対応ありませんでした。
関連記事:Apple Developer Programのメンバーシップの有効期限が切れると…