Aqlier/ 6月 24, 2020/ iOS

iOSアプリをメンテして、アプリを再申請しようとした際、Apple Store Connectの申請画面、操作性が変更されていました。変更された内容をまとめました。

メタ情報、アプリのビルド情報など一通りの情報を収集した後、「審査へ送付」ボタンを押したら、「審査へ送信するためのアイテムが足りません」が表示されました。
いままで、TestFlightで見かけたことがありましたが、申請画面で「輸出コンプライアンス」に関する事項はありませんでした。このエラーメッセージが出た時の操作をまとめました。


操作
1.Apple Store Connectの申請画面で、ビルド欄に移動して、輸出コンプライアンスのリンクを選択します。
2.輸出コンプライアンス情報に関して、質問が表示されます。「はい」でない場合、申請ができないようです。「次へ」を選択します。
3.輸出コンプライアンス情報で「米国輸出管理規制…」で「はい」で進めましたが、内容が???「カテゴリー5、パート2」、「米国政府に提出???」急に言われても。。。
はい」を選択したことによって、ややっこしいことにならなければいいが…。
終了」を選択すると、輸出コンプライアンスに関する事案が終わります。
4.今までは、「審査へ送付」ボタンを押した後に表示された広告IDに関する質問事項が申請画面の下部になっていました。
5.「審査へ送付」ボタンを押して、問題がなければ送信完了となります。